健康診断で問題発覚【コレステロール・尿酸値と痛風・乳がん・胃カメラ検査

運動と健康維持について

読了までの目安時間:約 3分

 

「適度な運動をしましょう」と健康診断で言われ事のある方、心当たりのある方、多いのではないでしょうか?
毎年の健康診断の時期が近付くと、やたらとご飯の量を減らしてみたり、食事を抜いたり(笑)
そんな経験、たくさんあるあるです。健康を維持していく上で欠かせないのが運動です。

 
運動と言っても幅が広く、普段からスポーツをしている方と、全くスポーツをしていない方では運動量が違いますし、
適度な運動を心掛けて毎日ウォーキングやジョギングをされている方でも運動の量が違ってきます。

 
ここで挙げた「適度な運動」とは、健康維持の為に必要と思われる最低限の運動としてウォーキングを例に挙げてみました。
気軽にできる運動としてウォーキングが取り入れられています、朝夕、歩いている人を見かける人も少なくありません。
では、このウォーキングですが、『歩き方』があるのをご存知でしたか?

 
適度な運動として取り入れる場合には、散歩程度に歩く事と歩くスピードを速くして歩く事では脂肪の燃焼率も全然違うのです。
よく仲良し同士でおしゃべりしながら歩いている女性の方を見かけますが、ストレスの解消や気分転換には良いかもしれませんが、
適度な運動になっているかというと期待するほどの成果が無いのです(残念)

 
歩くときには、歩幅を大きくリズムよく速さが一定になるように、歩く事が健康維持に繋がる歩き方なのです。

 
この違いには理由があります、歩き出してから有酸素運動に変わるまでには早い人で10分、平均で20分かかると言われています。
運動と言われる歩き方をするには、この有酸素運動になるように歩く事が大切なのです。
実際に歩いてみるとわかりますが、競歩に近い速さで歩く事を目安として歩いて下さい。

 

個人の歩幅にもよりますが、成人女性の場合で2時間弱で1万歩になると言われています。
一日に1万歩を目標に歩く事で『適度な運動』になるのです。その他の運動でしたら腹筋、ストレッチ、ヨガなどもそうですが、
ウォーキングが体全体を動かす事になるのでおすすめです。

 
運動と健康維持について、あなたが続けられる・楽しいと思う適度な運動を見つけるようにして下さい。
もちろん、運動をすればお腹も空きますので、運動後の食生活にもこの機会に見直してみるとなお健康維持に効果があると思いますよ。

いつまでも健康にいられる秘訣とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

人は生きている限り、ケガや病気になる事もあるものです。
いずれも、その時に処置をすれば治癒する事がほとんどなのですが、いつまでも健康で過ごしたいと言うのが本音なのではないでしょうか。
では、いつまでも健康にいられる秘訣とは?

 
これまた個人で考え方が違うのですが、ストレスを溜めない・楽しく過ごす・食生活の徹底・定期的な健康診断・良質な睡眠・好きな事をする等々、たくさんの方法が答えとなって返ってきます。
健康でいることの秘訣は何も体に限っての事ではありません。

 

心身と共に脳も老化が進まない様にある程度の運動が必要なのをご存知でしたか?

 
脳科学者の茂木健一郎先生が「脳をフリーズさせない」方法として、『予期せぬ出来事』つまり,
行き当たりばったりに起こる事が人間にとってある程度の脳への善い刺激にもなると言われています。

 

 

それは、予期せぬ出来事は何も悪い事とは限りません。

 
回転寿司を思い浮かべてみて下さい、自分の好きなネタのお寿司では無くて

どのネタが流れて来るかわからないワクワク感が実は脳に刺激を与えているそうなのです。
これも予期せぬ出来事なのです。

 
健康の秘訣として、総合的にあげてみますと

 

 

食事は腹八分目(野菜多めが好ましい)・好きなものも程よく食べる・適度な運動・ストレスを溜めすぎない・睡眠・人と接する
・onとoffを作りメリハリのある生活リズムを作る事などが挙がってきます。

 
この中のどれをとっても、考えるという事も必要になって来ますね。
いつまでも健康でいられる秘訣の中には、脳をフリーズさせない事も必要になってくるという事ですね。
心身共に健康で居られる秘訣の基礎は自分で取り組んでいける事が多い事に皆さん、お気付きでしょうか。
病院へはできればお世話になりたくないものですが、定期的な健康診断も体のメンテナンスとして必要ですし、
受診する事で心にもゆとりが出るのではないかと思います。

 

 

長寿の国と言われる日本ですが、それこそ元気で健康で長生きをしたいものですね。
健康の秘訣、さっそく実行してみませんか。

ガンと診断されたら?

読了までの目安時間:約 3分

 

医学の進歩が日々単位で進んでいる中で、ガンの特効薬と言われる薬やワクチンはまだ残念ながら実用化されていません。
子宮頸がんにを防ぐワクチンが日本でも未成年に実用化され実際に注射が始りましたが、
副作用も報告されなかなかみんなが思うように安全なワクチンになるまでは時間がかかるのかもしれません。
食の欧米化に伴い、日本人のガンの発症率も年々増加傾向にあるのが実情です。
ガンの部位にもよりますが、どのガンにも共通して言える事は『早期発見』が、命を救うという事です。
もしも、いえ、万が一、ガンと診断されたら?あなたならどうしますか。
ショックで最初は何もできないと言う方が告知を受けた時に思った一番多い回答だというのは言うまでもありません。
では、ガンと診断されたら?先ずはそのガンが、どのようにどこにどのようになり、どうやって治療をしていくのかという事を医師から納得の行く説明を受ける事では無いでしょうか。
医師から聞くポイントとしては「どのようにして・どうしてガンと診断されたのか?」という事をきちんと聞く事が大切です。

 

最近では一つ目の病院で診断されても、セカンドオピニオンを希望する方は少なくありません。

 
先ずは自分の告知されたガンについて理解しておくことが大切です。

そして、納得をしてからの治療法を選ぶ事です。
治療法が決まったら、次に考えなければならない事があります。

 

 

入院費や治療費・手術費などを自分の加入している生命保険や市町村の高額医療制度なども把握しておきましょう。
そして、職場への連絡と家族との連携や治療にかかる日数にもよりますが、治療に専念できる体制を作る事です。
誰しも、まさか自分が。。。と思わざる得ないのがガンと診断された時の大きな衝撃です。

 
メンタル部分でも弱くなる事も当然です、一人で悩まずに医師に相談し、今、医学と共にガン治療はメンタルサポートもどんどん進歩しています。

 
絶対ガンを克服する!という強い気持ちになるように、そして行う治療が最善の効力を発揮するように治療に専念する事です。
そして、ガンと診断されたら?どうしようと怖がっているだけでは無くて、検診に行く事です!

 
何故ならば、検診で、もしガンが見つかっても早期発見であればあるほど完治する確率が高くなるからです。
検診へ行くのも、大きなガン撲滅への一歩なのです。

尿酸値と痛風について

読了までの目安時間:約 3分

 

尿酸値が高いと指摘を受けた方、現在、尿酸値関連のお薬を服用されている方も少なくないのではないでしょうか。
尿酸値と痛風についての関係は男性が多く指摘をうける部分でもありまして、

尿酸値が高い方が痛風になると診断されているのが現状です。
痛風とは「風が当たっただけでも痛い」と言われ、経験者でないとその痛みはなかなか理解してもらえないようです。

 
また、尿酸値が高く痛風を抱えている人は別名『ぜいたく病』と言われ、お酒や美味しいものばかりを食べているからと言われる事で男性陣にとっては耳が痛くなる病気でもあるのです。

 
尿酸値は男性に関していうと、特に中年と言われる早い人で30代の後半ぐらいから高くなる傾向があり、お酒や脂肪分やプリン体と言われる部分が多いものを控えるように言われます。

 
しかし、我慢ばかりでもストレスが溜まってしまい、尿酸値は下がったけど痛風が酷くなると言う方も居るので、これまた厄介なのです。
病は気からというと確かにそうなのですが、ビールが大好き、仕事の後の一杯がたまらなく美味しいと言われる方には楽しみを取られちゃうようで、ちょっとかわいそうですよね。

 
最近では糖質ゼロのビールや脂肪分がゼロのアルコール飲料なども市販されていますので、毎日の晩酌の家の半分を切り替えて行けるといいですね。

 
尿酸値が高くなる理由ですが、そもそも尿酸とは体の中で最後にできる老廃物の一つなのです。

 
尿酸は水分や血液に溶けにくく分解しないので多くなると体内のあちこちに沈着してしまい、それが蓄積されると尿酸値が高くなるという訳なのです。
そして、尿酸が血液中に増加してしまうと結晶となり、尿路結石を作りだし、この結石は細胞がとがっている事から、体内に痛みを発すると言われています。これが痛風です。

 
予防するには食べ物から予防していく事、そして適度な運動を心掛ける事(激しい運動は避ける)、野菜・水分を多く摂取する事などから始められると良いかと思います。
痛風は重症の方ですと、風が吹いてなくても痛く感じるといいます。そうならない様に予防から始めてみませんか?

 

うつ病の予防

読了までの目安時間:約 3分

 

うつ病の予防について

 

皆さんには「悩み」ってありますか?唐突な質問ですが悩みが無い方何ていないと思うのです。
最近の傾向として、悩んでいる方が『心ここに非ず』の様な状態の時にも「あの人、うつ病じゃない?」と言われしまう事が少なくないのです。
確かに、悩み事があって何も手に就かない時には誰しもそんな風に思いがちですが、

この原理で行くと世の中「うつ病」の方ばかりという事になってしまいます。

 
うつ病とは、何かのキッカケでその事が対処できないまま悪循環に陥って抜け出せなくなったり、

トラウマになってしまったり、なかなかその事から抜け出せない状態を言います。

 
昨今の状況では「うつ病」と言われる人、「うつ気味」と言われる人が珍しくないほど多いと言われる時代になってきています。
もちろん、悩みから「うつ病」になってしまった人も居ます。

 
では、うつ病を予防するにはどうしたらよいのか?

 

 

自分でできる事はたくさんあるのでセルフチェックしてみましょう。
主に

①何もやる気がしない

②とてつもなく悲しい

③死にたくなる時がある

④誰にも会いたくない

⑤入浴・身支度が面倒くさい

⑥食欲が無い

⑦眠れない

など
この中に充てはまるものはありませんか?

 
特に⑧眠れないは要チェックです。

 

 

眠いのに眠れないとという事で人間はだんだん物事を判断する思考回路が壊れてしまいます。
実際にうつ病と診断された患者さんに医師が処方するお薬も、先ずは眠気を誘うお薬が処方され、ゆっくり休む事を治療とされます。
うつ病の予防には、先ずはよく眠る事が挙げられるかと思います。

 

悩みの無い人間は居ません、しかし寝ないで考えても解決する事は無いのではないでしょうか
先ずはゆっくりと睡眠をとる事が、うつ病予防の第一歩とも言えるのです。
また、一人で悩まない事も大切です、誰に相談したらよいかわからない、病院へ行くのもちょっと。。

という場合には、心の電話相談などを利用してみるのも方法の一つです。

 
心の電話の良い所は、相手が全くの他人である事、そして秘密厳守されますから、一人で悩んでいるよりは誰かに聞いてもらう事でかなり辛さが軽減されますよ。
そして、できれば家族に相談するのもよい方法です。うつ病は一度かかると長期戦になる事が多いため予防する事が何よりも良薬とも言われています。
時々、自分の心と家族のみんなの心と向き合ってみるのもうつ病予防に繋がるセルフチェックになりますよ。

更年期障害かしら?

読了までの目安時間:約 3分

 

WS000002

「更年期障害かしら?」と、女性の会話で聞こえてくる事が少なくありません。
更年期障害とは一般的には、閉経間近または閉経後の女性がホルモンバランスの関係により

若い頃には現れなかった体調の変化をもたらす症状を言います。

 

更年期障害の症状ですが、手足の火照り・極度な冷え症・のぼせ・イライラ・倦怠感・悲哀感など様々な症状が特に思い当たる理由も無いのに現れる事です。

 

身体に多く洗われる方も居れば心身に多く洗われる方も居て、精神的に苦痛を訴える女性も少なくありません。

 

年齢的にも、人生のライフステージ的にもちょうど子供が親元を離れ、落ち着いた頃に両親の介護や世話、自分の体調の変化などで更年期障害が重なると辛く感じるようです。

 

更年期障害かな?と思ったら一人で悩まずに、産婦人科や心療内科などの先生に相談するのも良い方法ではないかと思います。
症状は辛く重く感じる場合でも病気では無いので、医師の処方されたお薬などで症状がかなり軽減される事も多いのです。
お薬を服用する事に抵抗がある方でも、漢方やメンタルな部分を強くしていく事で上手に更年期障害を乗り越える事が出来ます。
もちろん自分で更年期障害を予防するといいますか、出来るだけ感じない様にする方法もあります。
それは趣味や楽しみを作る事です。

 

これと言った趣味が無い方は、友達やご主人、家族や姉妹で出かけたりするのも良い事なのですよ。
要は一日に必ず誰かとお話しする事が大切だと思います。

 

更年期障害の一つに「誰にも会いたくない」という症状が出る方も居ます。
この症状も異常ではありませんし、うつ病とも違い一時的なものですので「誰かに会いたくない」と言う時には無理をして会わなくてもいいのです。
マイペースで気分がいい日は出かけてみたり、一人で映画なんか見たりしてもリラックスできていいのではないでしょうか。
自分の時間を作る事、孤独にならない事、そしてたくさん笑う事。

 

「今日は何もできなかった。。」とそんな日があってもいいじゃないですか。
更年期障害と上手に付き合う方法は決して自分を責めない事、そして自分をたくさん誉めてあげる事も必要ですよ。
ご主人やパートナーの協力もあると助かりますね。

コレステロールと聞くと…

読了までの目安時間:約 3分

 

コレステロールと聞くと皆さんはどんな事が頭に浮かんでくるでしょうか?
10代20代、また30代の健康な方ですと、それほど気にもならないかもしれませんが
早ければ年齢にかかわらず、脂っこい食事ばかりを好む方・肥満である方・若い頃(20代より)体重が大幅に増加している方などちょっと気になるのではないでしょうか?

悪いコレステロールは血管に張り付いて動脈硬化をさせてしまったりするのですが、
コレステロールは悪いものばかりでも無いのですよ。

必要なコレステロールも実はあるのです。大切なのはコレステロールのバランスです。
善いコレステロールが多くて、悪いコレステロールは少ないに越したことはありませんが、人間の体ってちょっとの不摂生で悪いコレステロールが増えてしまう事が多いのです。
この他にも、飲酒・喫煙・不規則な食事時間など、悪いコレステロールと関係する事が現代の私達の生活習慣には

たくさん付いてきます。
食事に関しては、脂質分・糖分など気にしながらも好きなので食べてしまう方、または運動不足が明らかな場合にも悪いコレステロールは関係してきます。
では、悪いコレステロールを増やさないようにするにはどうしたらよいのか?

①食生活は野菜を多めに(肉やその他とバランスよく)

②適度な運動をする

③飲酒・喫煙を控える

④ストレスを溜めない

⑤良質な睡眠

と「何だ、意外と簡単」と思われるかもしれませんね。
しかし、これが毎日だとなると至難の業だと言う方が結構多いものなのです。

野菜を多めの食事と言っても生野菜のサラダばかりを食べればよいという訳でもありません。
適度な運動と言うのはどのくらいの事を指すのか?

飲酒・喫煙をどのくらい減らしたらよいのか?など加減が結構難しいのです。
では、悪いコレステロールを増やしたくない!でも方法がわからない!と言う方は

医師・または保健婦さんなどに相談する事をおすすめします。
コレステロールの検査(採決でわかります)で出た結果から

自分に一番合った悪いコレステロールを増やさない方法を教えてくれるはずです。
コレステロールが気になり始めたら、何かひとつからでもいいので実践してみませんか?

胃カメラ検査について

読了までの目安時間:約 3分

 

胃カメラ検査と聞くと「えーっ。。。」と大変以上の方は、不快な印象を持たれているようです。
確かに…
胃の中にカメラを入れるのですから、普通の事では無いですし、本当にそんなことしなくちゃならないのかと思いますよね。
胃カメラ検査の何が嫌だって、胃の中に管の付いたカメラを挿入していくときに「オエーッ」となる方、そのような経験をした方が多いからです。
そして、はじめて胃カメラ検査をする方が、その話を聞いて想像をしてしまう

結果「怖いよ~」と言うのが胃カメラ検診に対する恐怖感のシナリオです。
しかし、医学の進歩と共に検査機器も進化している事を忘れないで頂きたいのです。

実際に胃カメラ自体は、胃カメラと言うものが医療機関で検査に使用されるようになってから30年間の間に

どんどん小型化しているのをご存知でしたか?
最近では、鼻から挿入して胃の中を見る事が出来る胃カメラもあるのです。
実際にどちらも経験済みと言う方も多いはずです。

そして、胃カメラをいよいよ挿入した時の痛みについてですが、これは検査時に麻酔を鎮静剤を使用するかしないかで違ってきます。
医療機関によって異なりますが、麻酔はほとんどの病院で検査時には使用されます。

鎮静剤は恐怖心を和らげるために使用します。
ほとんどの方は麻酔と鎮静剤の両方を使用する事で、ウトウトと眠くなり目が覚めたら終わっていた

と言うのが最近の胃カメラ検査の傾向なのです。
ですから、「オエーッ」となる事も無いという訳です。
また、鎮静剤も使用して検査をされた方には、検査後、1時間ほど院内で休息をして帰る事を念書で約束するため、お仕事前に検査を済ませたいと思っている方は、麻酔も鎮静剤も使わずに胃カメラ検査をする方も増えてきたのも事実です。
もう、胃カメラ検査は「オエーッ」となる時代では無いのです。

そして怖い時代では無いのです。
検査自体よりも、あなたの胃の中に病気が潜んでいないかどうかの方が大切なのです。
いかがでしょう?

胃カメラ検査、健康診断時にオプションで受診するのも良いですが、外来で健康保険を使って検査をしてもそれほど高額な検査費にはならないので、怖くてまだ一度も胃カメラ検診を受診した事が無いと言う方は、リラックスして胃カメラ検査をしてみませんか?
そして、安心して健康な毎日を過ごされる事をおすすめします。

乳がんにかかるのは12人に1人

読了までの目安時間:約 3分

 

WS000001

12人に1人は乳がんにかかると日本でも言われる時代になって来ました。
これは乳がんに限らず、『がん』と言う病気そのものに対して

日本人の食生活が欧米化して来た事も要因の一つとして言われています。

 

『がん』は早期発見がとても重要と言われていますが、乳がんがその代表的な例の一つでもあります。
そして、乳がんは自分で発見する事が可能である、がんの一つとも言われています。

 

早期であればあるほど90%以上の確率で完治します。
発症年齢が多いのは閉経が近づく40代後半からが最も増加すると言われています。
しかし、最近では年齢を問わず、出産経験の有無や家系に乳がんの身内の有無にかかわらず

発症する例も少なくありません。
一般的な乳がんのサインは『しこり』の発見です。

 

この、『しこり』ですが、すごく硬いのが特徴です。
では、どんな硬さかと申しますと、石・あずき・梅干しの種など、具体的な硬さが想像されると思います。
次に大きさなのですが、普段から自分の乳房をチェックされている方ならわかりやすいのですが

気付いた頃には2センチくらいのしこりになっていたと言う方も少なくありません。
もし、しこりが見つかったら全部がんなのか?

 

そうではありません。

 

 

女性の乳房には乳腺や乳管など、繊細にたくさんの組織で形成されています。
また、生理サイクルで乳腺が発達したりする事でしこり?と間違えてしまう女性も多いのが現状です。
しこりが見つかっても、そのしこりが良性である事も多いのです。

乳腺の発達から影響する乳腺症や・乳腺線維腺腫などがあります。
では、乳がんを予防するにはどうしたらいいでしょうか。
まずは乳がん検診を定期的に受診するようにして下さい。

乳がん検診は市町村から法で定められた年齢になりますと無料クーポンが配布されますので、
ぜひ利用する事で無料で検診が受けられます。

 

 

マンモグラフィーとエコー検査が代表的です。

 

その後、画像判定と医師の触診が一般的な乳がん検診の流れです。
それぞれの検査方法によって、映し出される画像の特徴がありますので、両方で検査をしていただくと尚良しです。
毎月1回、自分でセルフチェックの日を決めて、お風呂上りなどに鏡の前で自分の乳房をチェックしていくことと

定期的な乳がん検診を受診する事が、乳がん予防につながります。
今日から始めてみませんか。

健康診断と検診の違いって

読了までの目安時間:約 3分

 

WS000000

健康診断と聞けば皆さんは職場や地域からの案内で、毎年の受診をされている方も多いかと思います。
健康診断と言っても色々なケースがあるわけで、身長・体重・尿・血液など基礎検診だけの場合と

この基礎検診にがん検診を並行して受診する場合、そしてオプションで腹部エコー検査・大腸検査などを行う場合があります。
更に年齢が加齢してくると、上記を人間ドックとして一泊宿泊で全部を行う事もあります。

 

つまり、健康診断と検診は違うという事なのです。
基礎検診にがん検診その他をプラスした時点で、健康診断のみとは言わなくなります。
一般的に、健康診断のみと言われているものに、一つでも(がん検診)をプラスした時点で

健康診断に検診をプラスという事になります。
しかし、同日に行う事が多いため、人間ドック以外は基礎検診にがん検診やエコー検診を追加しても全部を含めて

「健康診断に行って来た」と言う方が多いのです。
職場で受診する場合や地域で受信する場合で違って来るのですが、基礎検診と言われる部分の

『健康診断』は企業や会社側が費用を負担してくれる事が多いです。
ご主人の扶養家族に加入されている奥様も、基礎検診のみであれば費用は扶養者であるご主人の健康保険から賄ってくれます。

市町村で行う地域の場合も同じです。
しかし、加齢と共にがん検診も受診したいと言う場合には、別途費用がかかってきます。
「毎年、健康診断を受けているから大丈夫!」と言う方は、ご自分の身体の隅々まで一度

調べてもらった事がある上でおっしゃっているのでしょうか?
こう問われると、6割ぐらいの方は「そういえば。。。一度もがん検診を受けた事が無い」と答えるそうです。
皆さんは、どうでしょうか?
つまり、健康診断とは、身体に害を及ぼす原因の有無をチェックする事であり

検診は、身体にあると思われる病気を早期発見し治療を行うのが目的なのです。
現在の体に不調が無い時にこそ、30代後半くらいから健康診断と検診(がん検診・腹部エコー検査)などを

並行して受診しておく事がベストであると言えるのではないでしょうか。