乳がんにかかる

健康診断で問題発覚【コレステロール・尿酸値と痛風・乳がん・胃カメラ検査

乳がんにかかるのは12人に1人

読了までの目安時間:約 3分

 

WS000001

12人に1人は乳がんにかかると日本でも言われる時代になって来ました。
これは乳がんに限らず、『がん』と言う病気そのものに対して

日本人の食生活が欧米化して来た事も要因の一つとして言われています。

 

『がん』は早期発見がとても重要と言われていますが、乳がんがその代表的な例の一つでもあります。
そして、乳がんは自分で発見する事が可能である、がんの一つとも言われています。

 

早期であればあるほど90%以上の確率で完治します。
発症年齢が多いのは閉経が近づく40代後半からが最も増加すると言われています。
しかし、最近では年齢を問わず、出産経験の有無や家系に乳がんの身内の有無にかかわらず

発症する例も少なくありません。
一般的な乳がんのサインは『しこり』の発見です。

 

この、『しこり』ですが、すごく硬いのが特徴です。
では、どんな硬さかと申しますと、石・あずき・梅干しの種など、具体的な硬さが想像されると思います。
次に大きさなのですが、普段から自分の乳房をチェックされている方ならわかりやすいのですが

気付いた頃には2センチくらいのしこりになっていたと言う方も少なくありません。
もし、しこりが見つかったら全部がんなのか?

 

そうではありません。

 

 

女性の乳房には乳腺や乳管など、繊細にたくさんの組織で形成されています。
また、生理サイクルで乳腺が発達したりする事でしこり?と間違えてしまう女性も多いのが現状です。
しこりが見つかっても、そのしこりが良性である事も多いのです。

乳腺の発達から影響する乳腺症や・乳腺線維腺腫などがあります。
では、乳がんを予防するにはどうしたらいいでしょうか。
まずは乳がん検診を定期的に受診するようにして下さい。

乳がん検診は市町村から法で定められた年齢になりますと無料クーポンが配布されますので、
ぜひ利用する事で無料で検診が受けられます。

 

 

マンモグラフィーとエコー検査が代表的です。

 

その後、画像判定と医師の触診が一般的な乳がん検診の流れです。
それぞれの検査方法によって、映し出される画像の特徴がありますので、両方で検査をしていただくと尚良しです。
毎月1回、自分でセルフチェックの日を決めて、お風呂上りなどに鏡の前で自分の乳房をチェックしていくことと

定期的な乳がん検診を受診する事が、乳がん予防につながります。
今日から始めてみませんか。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed