うつ病の予防

健康診断で問題発覚【コレステロール・尿酸値と痛風・乳がん・胃カメラ検査

うつ病の予防

読了までの目安時間:約 3分

 

うつ病の予防について

 

皆さんには「悩み」ってありますか?唐突な質問ですが悩みが無い方何ていないと思うのです。
最近の傾向として、悩んでいる方が『心ここに非ず』の様な状態の時にも「あの人、うつ病じゃない?」と言われしまう事が少なくないのです。
確かに、悩み事があって何も手に就かない時には誰しもそんな風に思いがちですが、

この原理で行くと世の中「うつ病」の方ばかりという事になってしまいます。

 
うつ病とは、何かのキッカケでその事が対処できないまま悪循環に陥って抜け出せなくなったり、

トラウマになってしまったり、なかなかその事から抜け出せない状態を言います。

 
昨今の状況では「うつ病」と言われる人、「うつ気味」と言われる人が珍しくないほど多いと言われる時代になってきています。
もちろん、悩みから「うつ病」になってしまった人も居ます。

 
では、うつ病を予防するにはどうしたらよいのか?

 

 

自分でできる事はたくさんあるのでセルフチェックしてみましょう。
主に

①何もやる気がしない

②とてつもなく悲しい

③死にたくなる時がある

④誰にも会いたくない

⑤入浴・身支度が面倒くさい

⑥食欲が無い

⑦眠れない

など
この中に充てはまるものはありませんか?

 
特に⑧眠れないは要チェックです。

 

 

眠いのに眠れないとという事で人間はだんだん物事を判断する思考回路が壊れてしまいます。
実際にうつ病と診断された患者さんに医師が処方するお薬も、先ずは眠気を誘うお薬が処方され、ゆっくり休む事を治療とされます。
うつ病の予防には、先ずはよく眠る事が挙げられるかと思います。

 

悩みの無い人間は居ません、しかし寝ないで考えても解決する事は無いのではないでしょうか
先ずはゆっくりと睡眠をとる事が、うつ病予防の第一歩とも言えるのです。
また、一人で悩まない事も大切です、誰に相談したらよいかわからない、病院へ行くのもちょっと。。

という場合には、心の電話相談などを利用してみるのも方法の一つです。

 
心の電話の良い所は、相手が全くの他人である事、そして秘密厳守されますから、一人で悩んでいるよりは誰かに聞いてもらう事でかなり辛さが軽減されますよ。
そして、できれば家族に相談するのもよい方法です。うつ病は一度かかると長期戦になる事が多いため予防する事が何よりも良薬とも言われています。
時々、自分の心と家族のみんなの心と向き合ってみるのもうつ病予防に繋がるセルフチェックになりますよ。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed