ガンと診断された

健康診断で問題発覚【コレステロール・尿酸値と痛風・乳がん・胃カメラ検査

ガンと診断されたら?

読了までの目安時間:約 3分

 

医学の進歩が日々単位で進んでいる中で、ガンの特効薬と言われる薬やワクチンはまだ残念ながら実用化されていません。
子宮頸がんにを防ぐワクチンが日本でも未成年に実用化され実際に注射が始りましたが、
副作用も報告されなかなかみんなが思うように安全なワクチンになるまでは時間がかかるのかもしれません。
食の欧米化に伴い、日本人のガンの発症率も年々増加傾向にあるのが実情です。
ガンの部位にもよりますが、どのガンにも共通して言える事は『早期発見』が、命を救うという事です。
もしも、いえ、万が一、ガンと診断されたら?あなたならどうしますか。
ショックで最初は何もできないと言う方が告知を受けた時に思った一番多い回答だというのは言うまでもありません。
では、ガンと診断されたら?先ずはそのガンが、どのようにどこにどのようになり、どうやって治療をしていくのかという事を医師から納得の行く説明を受ける事では無いでしょうか。
医師から聞くポイントとしては「どのようにして・どうしてガンと診断されたのか?」という事をきちんと聞く事が大切です。

 

最近では一つ目の病院で診断されても、セカンドオピニオンを希望する方は少なくありません。

 
先ずは自分の告知されたガンについて理解しておくことが大切です。

そして、納得をしてからの治療法を選ぶ事です。
治療法が決まったら、次に考えなければならない事があります。

 

 

入院費や治療費・手術費などを自分の加入している生命保険や市町村の高額医療制度なども把握しておきましょう。
そして、職場への連絡と家族との連携や治療にかかる日数にもよりますが、治療に専念できる体制を作る事です。
誰しも、まさか自分が。。。と思わざる得ないのがガンと診断された時の大きな衝撃です。

 
メンタル部分でも弱くなる事も当然です、一人で悩まずに医師に相談し、今、医学と共にガン治療はメンタルサポートもどんどん進歩しています。

 
絶対ガンを克服する!という強い気持ちになるように、そして行う治療が最善の効力を発揮するように治療に専念する事です。
そして、ガンと診断されたら?どうしようと怖がっているだけでは無くて、検診に行く事です!

 
何故ならば、検診で、もしガンが見つかっても早期発見であればあるほど完治する確率が高くなるからです。
検診へ行くのも、大きなガン撲滅への一歩なのです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed